いらっしゃいませ ゲストさん

商品カテゴリ一覧 > バイク用品

バイク用品の商品を以下でご紹介中です!

Item List:バイク用品をさらに詳しく

Special issue関連特集のご案内



Item Listバイク用品一覧

105 件中 1-60 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ






















105 件中 1-60 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ

About Motorcycle gear Category
バイクを買ったら、すぐにでもツーリングに出かけたくなりますね。天気のいい日に景色のいい場所を
走るのは爽快です。
バイク初心者の方は「バイクは買ったけど、他に何を揃えていいのかわからない」「自分にあったバイク
用品の選び方がわからない」とお悩みの方も多いかもしれません。ツーリング中の安全を守るグッズや、
保管時に欠かせないもの、防犯のために持っておいたほうがいいものなど、バイク用品にはさまざまな
種類があります。今回は、バイク用品の種類と選び方についてご紹介します。

【ツーリングのために揃えておきたいもの】

◎ヘルメット
バイクに乗るための必需品。道路交通法では、バイクに乗る際は乗車用のヘルメットの着用が義務付け
られています。万が一の時に衝撃を吸収するものなので、見た目の良さだけではなく安全性やサイズ選びも
しっかり考慮しておきましょう。2人乗りをするならタンデム用のヘルメットも用意します。
以下に代表的なものをご紹介します。

<ヘルメットの形状>
・フルフェイス
顔全体を覆う形状で最も安全性の高いタイプです。サーキット走行でもこのタイプが使用されます。
各メーカーの最新技術が導入されることが多いのが特徴。
舗装路が得意なオンロードバイク全般に適しています。

・ジェット
頭から耳、頬までを守るタイプ。アゴの部分は繋がっていないのでフルフェイスに比べると安全面はやや劣り
ますが、メガネをかけたまま装着できることや、開放感のある造りで夏場は涼しいなどの長所もあります。
シールドがついているものと付いていないものがあります。シールドが付いていないものも、後から別売りの
パーツを取り付けることができます。

・ハーフキャップ
頭の上半分を覆い、お椀を乗せたような形状です。本体が軽く開放感があり、安価に入手できるのが魅力。
デザインやカラーも豊富なので、ファッション性を重視するライダーには人気のタイプとなっています。ただし、
頭を覆う面積が小さいことから安全性は他のタイプに比べると低めです。ほとんどが排気量125cc以下の
バイク用に作られています。


<選び方のコツ>
まずは自分の頭のサイズに合ったヘルメットを選ぶことが大切です。自分の頭の外周サイズをメジャーで
測ってみましょう。眉の上で、おでこの一番高い位置から水平に後ろに回し、後頭部の一番高い部分を
通った長さを測ります。メジャーがない場合は紐を使って外周を測り、紐の長さを定規で測るといいでしょう。
測った 数値をもとに、大まかなサイズを選びます。同じサイズでもタイプやメーカー、デザインにより、
フィット感は異なります。自分に合うものを慎重に選びましょう。ちょうどいいとされるサイズのヘルメットは
少し窮屈に感じられます。留め金がちゃんと締められるか、あごひもは調整しやすいか、実際に乗る前に
チェックしておきましょう。留め金はDリング、バックル、ラチェットと呼ばれる3タイプがあります。

ヘルメットは「PSC」マークか「SG」マークのついたものを選んでください。「PSC規格」は、Product Safety of
Consumer Productsを、略したもの。PSCマークは製品安全協会が定めた安全基準に適合した製品に表示
されます。PSCマークがないものは乗車用ヘルメットとしての販売が法律上禁止されています。「SG規格」は
Safe Goods (安全な製品)の頭文字を合わせたもので、一般消費者の生命や身体の安全を確保することを
目的とする規格です。製品安全協会が定めた認定基準に適合した製品を示すもので、製品の欠陥による
人身事故には最高1億円の賠償が行われます。「SG」は125cc以下用と自動二輪車用が設定されているので、
購入前にしっかりチェックしておきましょう。SG基準はPSC基準と同等かそれ以上の基準をクリアしているので、
この2つのマークは同じラベルで表示されていることがほとんどです。「PSC」「SG」マークを取得していないヘル
メットは装飾用や観賞用として販売されていることがありますが、これらは乗車用ヘルメットとして使用できない
ので注意が必要です。

「SG」マークの有効期限はヘルメット着用期限から3年と設定されていることから、大手メーカーでは3年を
目安に買い替えを推奨しています。走行時の転倒や落としてしまったなど、大きな衝撃を受けたヘルメットも
内部の緩衝材が潰れてしまうため、本来の防護力を発揮できなくなります。最近では、価格を抑えたコスト
パフォーマンスの高いモデルも豊富に揃っているので、安全性を保つためにも定期的に買い替えることを
おすすめします。

◎グローブ
グローブは防寒対策の必需品です。一般のグローブでも代用できますが、バイクはブレーキやクラッチ、
スロットルなどの繊細なコントロールが必要になるため、専用グローブのほうが快適です。怪我防止や
滑り止め効果もあるので、長時間のツーリングの際は夏場もなるべくグローブを着用することをおすすめ
します。季節や用途により、グローブはさまざまなタイプがあります。

・レイングローブ
防水素材を使ったグローブ。手が濡れて冷えてしまったり、滑るのを防ぎます。防水性と透湿性を兼ね備えた
タイプを選ぶと快適性がアップするでしょう。グローブの上から重ねて着用するタイプもあります。

・ウィンターグローブ
防風フィルムや中綿が入ったタイプで、冬の寒さから指を守ります。3シーズン用よりも温かいので季節を
問わずバイクに乗りたい方は必需品です。動きやすいソフトタイプから、防護性を高めたプロテクター入り
など、さまざまなものがあります。

・3シーズングローブ
冬を除くシーズンに使えるタイプ。すべり止めやプロテクターが付いているものが多く、素材やデザインは
さまざまです。自分の手にフィットするものを選びましょう。最近ではスマホ操作可能なタイプも増えています。

・ハーフグローブ
半指タイプのグローブです。指先が半分露出しているため安全性はやや低くなりますが、ストレッチ性や
操作性に優れています。

・メッシュグローブ
通気性とグリップ感に優れたタイプで、主に春夏に使用します。

◎レイングッズ
雨の日でもバイクに乗らなくてはいけない場合や、長時間のツーリングで天気の読めない状態で走る場合に
必要です。

・レインウェア
一般的なレインウェアでも代用できますが、風によるバタつきがなく、動きやすいのはバイク専用のレインウェア
です。立体裁断や袖口加工など、走行に集中できる工夫がされているものがたくさんあります。ジャケットと
パンツがセットになったレインスーツが便利です。耐水性や防水機能はもちろん、透湿素材やベンチレー
ションを 備えたものならムレずに快適です。

・レイングローブ

防水素材を使ったグローブ。手が濡れて冷えてしまったり、滑るのを防ぎます。防水性と

透湿性を兼ね備えたタイプを選ぶと快適性がアップするでしょう。グローブの上から重ねて着用するタイプも
あります。

・ブーツカバー
ブーツを雨から守るカバーです。革製のブーツを雨の日に履く時など、傷みやシミができるのを防ぐことが
できます。ブーツの上からかぶせるタイプが一般的です。ブーツのサイズに合ったものを選びましょう。

・防水スプレー
撥水性のある生地も、使い続けるうちにその効果が薄くなってきます。定期的に防水スプレーでケアすると
長持ちします。

◎ETC
高速道路に乗って長距離ツーリングに出かける時など、ETCがあると財布からお金を出す手間がなくなって
便利です。休日や夜間はETC割引が適用されるのも嬉しいポイントです。

【保管時に必要なもの】
◎バイクカバー
バイクを保管する時に欠かせないバイクカバー。紫外線による劣化や雨風からバイクを守り、バイクを
見せないことで防犯効果も期待できます。バイクカバーを選ぶ際には、以下のことに気をつけてみましょう。

・丈夫さ
厚手のものほど丈夫だと言われています。丈夫さが足りないと、雨風やホコリ、紫外線などにより、バイク
カバーが破れてしまうこともあります。

・傷のつきにくさ
カバーと車体が擦れて傷がつく場合があります。カバーに裏地がついているものを選ぶと傷を防げますが、
その分価格も上がるので注意が必要です。

・撥水性・防水性
ほとんどのバイクカバーが兼ね備えている機能です。雨からバイクを守ります。

・耐熱性・防炎性

バイクのエンジンを止めた直後はマフラーやエンジン部分が熱くなっています。耐熱性に優れたカバーなら、
焦げたり溶ける心配がなく、バイクを降りたらすぐにカバーをつけられます。また、いたずら目的の放火など、
万一の時に燃え広がらない防炎性に優れた素材を使ったものもあります。

・通気性
雨の日の走行後などは、カバーをかけると湿気が中にこもって結露する場合があります。ベンチレーション
機能がついたカバーも多数あり、通気性を保つ工夫がされています。

・操作性
カバーの上からロックがかけられるか、取り付け安いつくりになっているかなど、操作性もチェックしておき
ましょう。

・サイズ
バイクの種類により適切なサイズがあります。事前に調べておきましょう。車体の半分だけを覆うハーフ
カバーもあります。

100均からバイクメーカーの専用カバーまで、価格やサイズ、デザインなどさまざまなタイプが
販売されています。自分のバイクに合ったものを選びましょう。

◎盗難防止グッズ
ガレージに停めていても盗まれてしまうというケースもあります。普段から防犯グッズで万全を期して
おきましょう。以下に代表的なグッズを紹介します。

・U字ロック
タイヤに取り付けるU字型の鍵。最もメジャーなバイクの防犯グッズといえるでしょう。タイヤのサイズに
合うものを購入しましょう。

・ワイヤーロック
紐状のロックキーです。素材やサイズなど、さまざまなタイプがあります。大型のカッターなどで切られて
しまう可能性もあるので、他のロックと併用して使うことをおすすめします。

・ディスクロック
ディスクブレーキ車に取り付けるロックです。重量はあるものの、比較的コンパクトなので外出先で使うにも
便利です。車種に合うサイズを選びましょう。

・アラーム

振動や傾きを感知し、大音量で警報を鳴らす盗難防止アイテムです。いたずら防止にも役立ちます。

・イモビライザー
専用キー以外の不正なエンジン始動を防ぐ盗難防止グッズです。車種によっては標準装備されている
ものもあります。

・ヘルメットロック
ちょっと停めるだけだからと、ミラーなどにかけておいたヘルメットが盗まれた経験のある方も多いでしょう。
専用のメットホルダーに入れずにヘルメットを保管することがある方はヘルメットロックを持っておいたほうが
いいでしょう。タンデムに備えてヘルメットを2つ持っている方にも便利です。

◎メンテナンス用品
愛車と長く付き合うためにも、メンテナンス用品を揃えておきましょう。

・工具
メンテナンスを業者に任せる方も、応急処置や普段のちょっとした整備のための工具が一式あると便利です。

・潤滑油、パーツクリーナー
バイクは錆びに弱いもの。定期的に潤滑油でケアしておきましょう。余分な皮脂やブレーキダストの洗浄用に
パーツクリーナーがあると便利です。特に屋外に保管するバイクはオイル関連のメンテナンスをこまめにした
ほうがいいでしょう。

・メンテナンススタンド
タイヤを持ち上げることで整備がしやすくなる外付けのスタンドです。

ライフスタイルやバイクの用途によっても愛車との付き合い方は変化していきます。長く快適に乗るためにも、
バイクグッズは自分に合ったものを選びましょう。