いらっしゃいませ ゲストさん

商品カテゴリ一覧 > レディース

レディースカテゴリです。シングル、ダブルなどの革ジャンを紹介

レディースの商品を以下でご紹介中です!

Item List:レディースをさらに詳しく

Special issue関連特集のご案内

ブラック系ブラウン系ネイビー系ブルー系グレー系レッド系ピンク系ホワイト系ベージュ系グリーン系パープル系


Item Listレディース一覧

40 件中 1-40 件表示 















40 件中 1-40 件表示 

About Ladies Category

1.レザーの魅力って?
使うほどに風合いを増すレザーアイテムは大人女子の定番。お財布やキーケースなど、あなたも1つは持って
いるのでは?丈夫で長持ちするので重宝している方も多いと思います。「小物や靴でポイント使いするには
いいけど、ファッションに取り入れるにはハードすぎるかも・・・」と思っている方も多いかもしれません。
ですが、最近は気軽でオシャレな着こなしが実現するレザーアイテムも増えてきました。
今回は、女性が美しく着こなせるレザーの魅力についてご紹介したいと思います。

レザーの魅力といえば、そのリッチな存在感。ほかの素材にはない風合いがあり、華やかさを演出できます。
着こなしがマンネリ化してきたと感じたら、一度チャレンジしてみることをおすすめします。風を通さず、
温かいのも嬉しいポイント。かわいい、かっこいいだけじゃない、機能性も見逃せません。

革は使用する素材や仕上げ方によって表情が異なり、ツヤのあるもの、マットなもの、柔らかいもの、
ハードだけど何度も着るうちになじんでくるものなどさまざまです。
そもそも革とは、動物の皮を「鞣し(なめし)」という技術によって道具として使えるようにしたもの。
それまで動物の皮膚だった皮が腐ったり水分がぬけて硬くならないよう、薬剤などを使って強く柔らかい
素材へと加工していきます。ひと口に革と言っても、種類や鞣し方はさまざまです。
以下に代表的なものをご紹介します。

◎牛
革素材の代表格と言えるでしょう。丈夫で美しく、流通量が多い革素材です。月齢や性別により、
さらに以下のように分けられます。

・カーフ
生後6カ月以内の仔牛の革で、乳牛種のオスが大半です。滑らかで柔らかく、傷が少ないのが特徴。
特にベビーカーフと呼ばれる生後3ヶ月以内の仔牛の革は表面がきめ細やかで、
高級革製品の材料となります。

・キップ
生後6カ月から2年までの牛の革を指す名称です。カーフと同様、表面のキメが細かく美しい仕上がりと
なりますが、カーフよりも革が厚く強度があるので汎用性が高い素材です。

・ステア

生後3〜6カ月の間に去勢された成牛(2歳以上)のオスの革。厚手でややキメは粗いものの、
耐久性に優れた素材です。流通量が多く、幅広い革製品に利用されています。

・カウ
出産を経験したメスの成牛(2歳以上)の革。厚みがあり丈夫であること、
キメ細かく滑らかな手触りが特徴です。

◎馬

牛革に比べて強度は劣りますが、柔らかくジャケットやパンツの素材に適しているとされています。

◎豚
摩擦に強く、通気性に優れています。
起毛させ、スエード状に仕上げたピッグスキン・スエードも人気です。

◎山羊
大人の山羊革をゴートスキン、仔山羊のものをキッドスキンと呼びます。
ゴートスキンは薄さと優れた強度、緻密な繊維が特徴。独特のシボ(シワ)があり、ツヤ感も楽しめます。

 

【鞣し方による違いと特徴】
◎クロム鞣し
塩基性硫酸クロム塩を鞣し剤に使う金属鞣しの一つで、ジャケットやパンツはほとんどこの方法が
用いられています。軽くて柔らかく、さらに耐熱性があり、利用範囲が大きいのが特徴です。
発色がよく、変色しにくいという利点もあります。

◎タンニン鞣し
ミモザやチェスナットなど、植物から抽出されるタンニンを使って皮を鞣す方法です。
革そのものの風合いを生かした仕上がりになることから、ジャケットでもこの方法で鞣した革を
使用することがあります。

2.レザーアイテムの選び方とコーディネートのコツ

レザーをファッションに取り入れるのはハードルが高いと感じるかもしれません。
バイカーやロックミュージシャンのイメージが強く、敬遠する女性が多いのも事実。
ですが、アイテムの選び方やコーデのポイントをおさえれば、きれいめな着こなしも可能です!

初心者にも取り入れやすいのが、トレンドアイテムとなっているライダースジャケット。元はバイカーが用いる
ジャケットで、ショート丈の機能的なデザインが特徴です。肌寒くなってきた秋から冬のはじめにかけて、あるいは
ウールコートやダウンでは重いと感じ始めた春など、意外に幅広いシーズンに使えるのも心強いですね。
一見するとハードなアイテムで合わせにくそうだと思う方も多いようですが、パンツにもスカートにもしっくりくる
優秀アイテムなんです。ライダースと言えば真っ先に思い浮かぶダブルジャケット、シンプルなシルエットが普段
の着こなしにも取り入れやすいシングルジャケットなどのデザインのバリエーションがあります。ライダースの
かっこよさを楽しみたいならダブルを、普段の着こなしになじませたいならシングルがおすすめです。

「ライダースはやっぱり抵抗がある・・・」という方は普段羽織っているブルゾンやジャケットのデザインは
そのままに、素材をレザーにしてみるとグッと着こなしの幅が広がりますよ。

ありきたりなファッションから卒業して、かっこよくレザーを着こなしたいなら、レザーパンツがおすすめ。
独特の 光沢と、身体の一部のようにフィットする美しいシルエットは、あなたの着こなしを格上げしてくれること
間違い なしです!

レザーアイテムを選ぶコツは、自分に合ったサイズを選びぬくこと。コンパクトなシルエットのものを選べば
バランスよく決まります。襟の大きさやボタンの位置なども印象を左右するポイント。自分の好みに合ったものを
じっくり選びましょう。

レザーといえばブラックをイメージする方も多いと思いますが、最近はカラーバリエーションも豊富。柔らかく
こなれた雰囲気を演出したい時はキャメルやホワイトを、上品に女性らしく仕上げたいときはワインレッドを
選ぶとライダースの辛さを軽減できます。
あえてビビッドな色を選んで遊び心たっぷりに着こなしてみるのも素敵ですね。

辛口なイメージのレザージャケットは、着こなし方によっては頑張りすぎと感じるかも。街なかで上手に着こなす
コツは、どこかにガーリーなアイテムを取り入れること。柔らかな雰囲気のニットやチュールスカート、ワンピース
など、辛口なアイテムを甘く中和するものを取り入れるとバランスよく決まります。かわいい着こなしが苦手な方は
タイトなシルエットのレザージャケットにソフトなシルエットのボトムスをあわせるのも素敵です。
トレンドのガウチョやワイドパンツとの相性もピッタリなので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

ボトムスにレザーを取り入れるなら、細身のシルエットを選ぶと普段の着こなしに合わせやすいでしょう。
トップスはシャツやニットなど、シンプルなものを選ぶとソフトな印象になり、レザーパンツの辛口なイメージを
中和できます。ファージャケットやレオパード柄のアイテムを合わせ、思い切り辛口な着こなしを楽しむのも手。
タイトなシルエットでまとめれば、ハードな中にも女性らしいセクシーさを演出することができるでしょう。

普段使いのアイテムとの相性や、なりたいイメージに合わせて、思い切りレザーのおしゃれを楽しんでください。

4.お手入れのコツ

革素材は使い続けた時間だけ表情豊かになります。ほかの素材では汚く見えがちなシワや傷も、レザーなら
味わいの一つとして楽しめてしまうのが嬉しいところです。自分の手で磨き上げたレザーのツヤは格別に
美しく、愛着が湧くものです。世界に一つのアイテムへと育てられるのが、レザーの醍醐味と言えるでしょう。

一方、レザーは水と乾燥に弱いという欠点があり、長く使い続けるためには適切なケアを行う必要があります。
紫外線やホコリ、着ている間に汗を吸うなど、レザーを傷める要因は案外多いものです。湿気の多い場所で
保管していると雑菌たまり、カビの原因にも。革そのものがカビの恰好のエサにもなりますので、定期的に
陰干しするか、風通しのいい場所に保管しておくことが大切です。

まずは購入直後に防水スプレーをかけておくと汚れがつきにくくなり、お手入れも楽になります。帰宅後、
服を脱いだら全体をブラッシングして汚れを落としましょう。汚れが目立って来たら、革用のクリーナーで
お手入れを。全体に吹きかける液状タイプや、部分的な汚れ落としに便利な消しゴムタイプなど、さまざまな
製品があります。普段の使い方や好みに応じてセレクトしましょう。裏地がついている場合は、少量の中性
洗剤をなじませた水を用い、硬く絞った濡れタオルで拭いておくと清潔感を保てます。食べこぼしなどの汚れは、
なるべく早めにタオルやティッシュで叩くように落としましょう。ゴシゴシこすってしまうとかえって革へのダメージとなります。

革表面が乾燥し、パサついていると感じたら保革クリームやオイル、レザーワックスなどでケアを。革の素材に
よって最適なものが異なるので、ウェアを購入する時にお手入れ用品についても確認しておくことをおすすめ
します。本格的に塗り込む前に、ポケットの中や袖口など、目立たない場所に少しだけ塗ってみて、シミや
色落ちが生じないか確認しておきましょう。スポンジに少量のオイルをつけ、優しくなじませます。
オイルはつけすぎるとベタつきや保管時のカビの原因にもなりますので、少しずつ丁寧に行ないましょう。
全体になじませたら、日陰の風通しのいい場所で乾燥させます。直射日光は革を傷める原因となりますので
避けましょう。ドライヤーなどで急激に乾燥させることも厳禁です。慌てずじっくり、を心がけましょう。
目立つ汚れがついてしまったり、型くずれしてしまったと感じた時は、革専門のクリーニング業者に相談してみる
のもいいかもしれません。

大切に着たいからといって、長くクローゼットに入れっぱなしにしておくとカビをはじめとするトラブルの原因と
なります。最低でも1〜2ヶ月に1度は新鮮な空気に触れさせるようにしましょう。
こまめに手入れをしながらたくさん着ることが、革を空気にふれさせ、体にしっくりとなじむウェアに育てること
にも繋がります。

5.バイク女子のコーデと着こなし

バイクを本格的に乗りこなす女子なら、レザーのジャケットやパンツもかっこよく着たいもの。
レザーのライダースジャケットは風を通しにくく、スピードを出して走っていてもバタバタと服がなびくことがない
ので快適です。風になびく服でライディングを続けると、思いのほか疲れてしまいます。
レザーはバイクウェアとして優れた機能を持っているといえます。丈夫なので、転倒しても怪我から身を守れると
いう利点も。ただし、風を通さないことにより通気性に課題があります。夏は暑さが、冬は寒さがダイレクトに
伝わってくるので、インナーウェアでの調整が必要になります。

バイクウェアは怪我防止のためにも肌の露出がないものが基本。ジャケットは長袖、パンツはフルレングスを
選びましょう。サイズ感も大事です。
小さすぎるウェアは疲労のもとですし、大きすぎるとゴツい印象になってしまいます。自分に合うサイズを把握して
おきましょう。身長の高い方、大柄な方はレディースのバイクウェアが窮屈に感じることも。レディースは細身に
作られていることが多く、身体のラインがでやすいと悩む方もいるようです。そんな時は、あえてメンズサイズを
選ぶのも手。気に入ったデザインが見つかったら、迷わず試着してみましょう。

自分に似合うレザーウェアで颯爽とバイクに乗りこなせば、すれ違う人の注目の的になること間違い無しですよ!